オルソケラトロジー 福岡 久留米市 眼科 視力回復 近視矯正 治療

実吉眼科医院
SANEYOSHI EYE CLINIC 西鉄久留米駅前岩田屋横 TEL:0942-37-3111

医院の案内

近視の治療・矯正

治療

矯正(眼鏡・CL)

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーのしくみ

治療の流れ・費用

オルソケラトロジーQ&A

Dogs

マリンPhoto

menu

HOME

携帯サイト
 

オルソケラトロジー

 

最新の近視治療 オルソケラトロジー

手術せずに視力回復、夜間睡眠中に角膜強制するコンタクトレンズなので、日中は眼鏡コンタクトなしで過せます。
最新の近視治療 オルソケラトロジー
 
夜装着
就寝中
朝はずす
日中
通常のコンタクトレンズは光を屈折させて、装着している間は、はっきりと物が見えるようにしてくれる視力矯正の為の道具です。しかし、オルソケラトロジーで使用するレンズは、眠っている間に角膜をコルセットのようにしっかりとホールドして正常な形に整えるという、角膜を矯正するための道具なのです。
※1.毎日使い続ける事で、日中の裸眼視力が矯正されます。中止すると元に戻ります。
※2.近視の程度等、適応範囲に限りがあります。(近視度数-5D〜-6Dくらいまで)
最新の近視治療 オルソケラトロジー

オルソケラトロジーの特徴

1.裸眼で楽に過せる
風、ほこり、乾燥が気にならない。日中コンタクトの異物感や充血が気にならない。安全にスポーツを楽しむことができる(水泳、ゴルフ、野球、サッカー、テニス、バレーボールなど)
 
2.何か問題が起きても中止すれば角膜は戻るので
  外科的手術(レーザー等)に比べてリスクが少ない
 
3.近視進行の抑制効果がある10才前後から可能。
 (初めてのメガネが合わなくなった程度が良い)
 
4.コンタクトの延長上なので気楽にできる
 
5.就寝時の装用なのでレンズをなくすことが少ない。
 
6.資格試験や、入学条件で裸眼視力に条件がある場合に有効。
 

治療の流れ

来院していただいたら、まず検査内容やオルソケラトロジー用レンズについて説明をします。このとき、質問や疑問点などがありましたら、なんでも気軽におたずねください。視力検査、屈折検査、角膜形状検査、細隙灯顕微鏡検査、角膜内皮検査を行った後、適応を決定して処方レンズを決定します。角膜の形状は刻々と変化し、早い人で2週間、遅い人でも1ヶ月で角膜の形が決まります。最終レンズの処方が決まれば、角膜の形状を維持するためのレンズをつけていただき、年に3〜4回、定期検査でレンズと眼の状態を調べます。
ご予約 お電話でご予約下さい
検査 診察・視力検査先ず説明書をお渡しします。
●屈折検査●角膜形状検査●細隙灯顕微鏡検査●角膜内皮検査
テストレンズ装用 フィッティング等確認します。
治療開始 取り扱い等の説明をします。
定期検診 貴方のスケジュールと相談の上、来院日を決め、効果を見ながら必要に応じレンズ交換し、約1ヶ月の間に最適レンズを決定します。

費用

 
治療費 片 目 100,000〜120,000円(税別)
両 目 150,000〜180,000円(税別)
〒830-0033 福岡県久留米市天神町4-1 TEL:0942-37-3111
Copyright(C) 2006 Saneyoshi-eye-clinic. All rights reserved.